うまくいかない!そんなとこはどうすればいいの?

なんとなく気分が浮かない

朝起きた時、どんよりした気分の時ってありますよね。その日一日、やりたいことややらなきゃいけないことなど決めていたのにどうしてもやる気が起きなくてだらだらしてしまう。そんな自分に対して落ち込んだりしたことありませんか?例え物事を始めてみても集中力が足りずに途中で余計にごちゃごちゃしてしまう時など、もしかしたら鬱への初期症状かもしれません。掃除を始めれば綺麗になりますよね。それなのになぜか反対に汚くなってしまったり、一度出したものをどうしまっていいかわからなくなってしまったり。そんな小さなことが積み重なってしまえばしまうほど自分に対して不満がたまり自信を無くしてしまうことがあります。そんな不満が自分自身を追い詰めてしまい、感情のコントロール事態に異常をきたしてしまいます。そんな悪循環になってしまうことが気分が浮かないことへの第一歩となってしまうのかもしれませんね。

うまくいかない時の対処法

何をしてもうまくいかない時はリセットしてみませんか。自然にやれる時を待つことも大事なのではないでしょうか。とはいえ、やらなければならないことはたくさんあるのが現実です。そんな中でほっと一息つける時間をみつけてみませんか?例えばコーヒーを飲む時間、ほっと一息つけますよね。テレビを見たり、横になったり、何も考えずに「ふぅ・・・」と息を吐いてみて下さい。心にたまったものが少し吐き出された気がしませんか。気持ちだけでなく体の中からなにかを吐き出すようにすることは自分自身に一息つけたと自覚させるためでもあります。小さなことからリセットしてみることで気が軽くなりますよ。

一息ついた後にもう一言

また考え込んでしまうと元に戻ってしまいます。月並みな言葉ですがため込まないことが一番いいことですがそううまくいかないものです。少しだけ考え方を変えてみたらどうでしょうか。「ここまでやらなくちゃ」を「ここまでやれればいいかな」本当に少しの変化ですがそれだけでも自分自身に課す負担は変わるものです。日々の積み重ねによって溜められたものですから、日々の積み重ねで緩和していくことも可能なのだと思いませんか。一息ついてから自分に対して今日もお疲れさまとねぎらってあげることも大事ですよ。そんなふうに自分にも優しくしてあげましょう。

岡山の心療内科の実績に注目をすることで、様々な精神疾患の治療に取り組むうえで、安心して通院先を選ぶことができます。