増えすぎたネジを整理!簡単にできるネジの見やすい保管方法

100均のケースを活用しよう

DIYなどを長く続けていると、どうしても大量のネジを所持することとなります。場所によって使うネジが違ったりしますからね。その場に合わせたネジをいつでも用意できるよう、いろいろ用意しておかなければならないわけです。そんなネジの収納には100均のケースがおすすめ。単純にコスパがいいですし、細かく仕切られたものであればネジが混ざることもありません。理想としては仕切りの量が多くて蓋がしっかり閉まるものですね。蓋が閉まらないとちょっとしたタイミングにぶちまけてしまいます。

インデックスシールも活用しよう

100均のケースと合わせて利用したいのがインデックスシール。よくファイルの背表紙なんかに貼ってあるアレです。これを貼っておくことで、いちいち中身を確認せずともケースにどんなネジが入っているか分かるため、時間のロスを防ぐことが出来るのです。別に専門的な用語を使う必要はありません。要は自分が分かればいいわけですから、いつも脳内で呼んでいる名前にしてしまって大丈夫です。ただ、字は綺麗に書きましょうね。下手をすると自分の字が読めなくなります。

空き瓶を利用して自作する方法も

ネジの収納方法をいろいろ見ていると、中には空き瓶を利用している方もいました。空き瓶にネジを入れておき、瓶のふた部分をラックの上辺にくっつけてしまうのです。こうすれば、瓶をちょっとひねって瓶ごとネジを持っていくことが可能。ふたは上辺の部分にくっついたままなので、収納時はそこに収めれば大丈夫です。瓶は基本的に透明なのでどんなネジが入っているかも一目瞭然。ネットで検索をかければ画像を見ることもできますので、ぜひ検討してみてください。

ねじの販売はどこでも出来ます。やる場所がないなら、フリーマーケットでもいいでしょう。人が多い場所で売ればたくさん売れるかもしれません。